メイクで肌トラブルが悪化する

Posted onCategoriesコスメ

私は花粉症を患っているのですが、スギ花粉の時節が近づいてくると、肌が敏感になってその肌が荒れてきます。そういったことで、この時期にメイクをしたら余計に肌トラブルが悪化するので、ナチュラルなメイクだけを行っています。

アイメイクだけでもやりたいなと思いますが、敏感な肌になっているため、目がより痒くなり、出来なくなっているのです。この頃、肌の衰えが目立ってきたかもしれない、そう感じる方にはスキンケアで若返りましょう。
シルキーカバー オイルブロック

一番すぐれた方法は高い保湿成分のある化粧水でしっとりとしたお肌にすることです。乾燥は肌のハリをなくしシワを造りますので、ヒアルロン酸配合の化粧水を使って、しっかり潤いを与えてあげる事が効果的です。

アトピーの場合は乾燥に起因するかゆみも起こることが少なくありませんから、乾燥肌用の入浴剤を使ったり、保湿成分がたくさん配合されているケアすることが望ましいですね。その他にも、軟水を使用して洗顔したり、体を洗ったりするのも良いでしょう。軟水には肌を刺激する物質が混じっていないので、刺激に弱いアトピーの人にはとても良いのです。

美肌にいい成分として注目されているのが、「ポリフェノール」でしょう。

際立つ特徴としては、抗酸化作用があります。

お肌を老化させてしまう活性酸素のはたらきを抑え込み、紫外線トラブルを予防したり、元からあるシミも消していってくれます。こんな文句なしの効果がある美肌の友ともいえるポリフェノールですが、残念ながら、体に蓄積されにくいために効果は3時間から4時間しかないのです。ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがお薦めです。

なぜニキビができるのか?そのりゆうのひとつに、お肌の乾燥があります。肌の余分な油脂のせいじゃないの?と不思議に思う人持たくさんいらっしゃるでしょう。持ちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつなのは間ちがいありませんが、だからと言って油脂を落としすぎると、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがニキビができる持ととなってしまします。気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てすごくビックリしました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか思い知らされた気がしたのです。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。どんなに疲れて帰宅してもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、自分の肌を保護しよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。肝臓は休向ことなく、ご飯や呼吸によって体内でできた物質を代謝・分解することにより人体にとって無害な物質に変えていくのです。有害な物質を解毒しきれないと、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。肌に悪影響を及ぼすのです。肝臓に負担をかけないようにしていくことが、お肌の健康を維持するキーポイントなのです。顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインがなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ちゃんをケアをして睡眠をとれば疲れがとれていたと思います。でも、38歳以降にはもう元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、疲れた状態がつづいています。元気になる日がくるのでしょうか。敏感肌であれば乾燥肌でもあることがほとんどであるくらい敏感肌と乾燥肌の関連性は深いものだといえます。一度乾燥肌になると、ほんのちょっとの刺激を受けたとしても、過剰な反応を起こし、肌に赤みが生じたり腫れたりといった肌のトラブルに結びついてしまいがちになります。この原因には、乾燥により肌表面の角質層が薄くなり、外部刺激を受けやすくなってしまっていることが原因なのです。特にニキビというものは再発のしやすい肌のトラブルとなっていますよね。

治癒したからといってバランスの悪い食生活や不摂生を繰り返していると、またすぐに再発します。

ニキビの再発を予防するには、お肌をキレイに保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、たっぷりと睡眠を取る事が大事だと思います。